タムラ建設

お客様の声

お客様の声Voice

  • Interview vol.0

【リフォーム】自分の育った家を改装して暮らす

S様には築30年のお住まいのリフォーム工事をさせていただきました。
どうしてリフォームだったのか?その後の暮らしについても伺ってきました。

【リフォーム】自分の育った家を改装して暮らす
O:S様はどうしてリフォームしようと思われたのですか?
S様:結婚して子供ができるのを機に親と同居を考えたんです。でも一緒に住むにはちょっと手狭かなって・・・近くに土地を探して新築も考えたんですが、まだまだ壊すにはもったいない!っておっしゃっていただいて。いろいろ話しているうちに、親が敷地内にコンパクトな家を新築することになって。だったら、この家を改装して自分たちで住もう、となったんです。
今考えると同居だと親とは生活のリズムも違うしお互いに大変だったかなと思うので、同じ敷地内に住むことで、いい距離で一緒にいられるので結果は良かったですね。
O:このお住まいは築30年ということでしたが、なぜリフォームしようと考えられたのですか?
S様:うーん、新築するなら別の場所にしたでしょうね。
でもここに住むなら、リフォームしたら新築するより安くできるね、ってことで。
リフォームだったら新築よりローンの借り入れ金が少なくてすむし、取得税もかからないから、その分家族で楽しいことがいろいろできるかなと思って。
O:リフォームしないでそのまま住むのは難しかったのですか?
S様:やっぱりちょっと古かったので。寒かったですし。だから断熱材を入れたり、窓をペアサッシに交換してもらって暖かく直したかったですね。間取りも、もともとはキッチンが別にあったので、対面キッチンにしてもらいました。対面キッチンなら、小さい子供がいても料理してるとき、目が届きますもんね。間取りを変更したのは良かったです。使いやすくなりました。
O:築30年というと、水廻りは全部新しくされたのですか?
S様:いえ、お風呂やトイレはすでに親がリフォームしていたので、そのまま使うことにしました。使えるところは使ってコストダウンしました(笑)。
O:外壁などはそのままなんですよね。
S様:自分たちのイメージで違うところは直そうと思いましたけど、外壁は親がきちんと手入れしてくれていたので、これも助かりましたね。
こうやって手を入れて住めば長持ちするんだなぁって思いました。木造住宅ってすごいですね。
O:リフォーム後にここをこうすればよかった、というところはありますか?
S様:リフォームなので、間取りの制限はありましたが、やっぱりもっと広いリビングがほしかったなぁ。子供がのびのび遊べるような・・・。でも今も隣の和室とつなげれば十分に広いんですけどね。やっぱり子供が増えたり、家族構成が変わると最初にイメージしていたのと使い方がかわってくるんですよ。
O:リビングに貼られているレンガがアクセントになっていて素敵ですね。 これはご主人のアイデアだとか?
S様:はい。ちょっと普通と違う感じにしたかったので。でもそろそろ飽きてきました(笑)違う素材のものに貼り替えしようかな?と思ってます。DIYで。自分でもできそうかなと思って。
O:アメリカなどでは自分の家は自分でどんどん改装して住んでいますもんね。もっと日本の家も自由に楽しく自分でアレンジできたら楽しいかもしれませんね。
S様:チャレンジしてみます(笑)。
O:住んでいて気に入っているところはどんなところですか?
S様:今回リフォームで貼ってもらったナラの床ですね。廊下はリフォームしてないので、フローリングが貼ってあるんですけど、すっごく冷たいんですよ。足が。リフォームしたリビングはナラの床を貼ってもらったんですけど、全然違いますね。足触りが。あとナラは木目がかっこいいんですよ。色も重厚感がありますしね。木はいいですよ、やっぱり。子供もこういう木の心地よさみたいなものを感じてもらえたらうれしいですね。犬を飼っているので、無垢の床材を使うとキズが気になるって人もいると思うんですけど、ナラは堅い木なのでキズも気にならないし、そこもナラを選んで正解でした。
O:ありがとうございました。ぜひ今度ご主人のDIY見せてくださいね!

Page Top