タムラ建設

お客様の声

お客様の声Voice

  • Interview vol.6

〈大規模リフォーム〉こんな暮らしがしたかった、というのが実現できたと思います。

那須塩原市にお住まいのH様です。2018年夏~2019年1月に築30年の平屋木造住宅の大規模改修リフォームをさせて頂きました。
3世代6人ご家族です。お引越しから3ヶ月。ご家族の生活も落ち着かれたところで、お話しを伺いました。

〈大規模リフォーム〉こんな暮らしがしたかった、というのが実現できたと思います。
梅田:ちょうど去年の今頃ごろ、ゴールデンウィークの前くらいに、初めてご相談に来てくださいましたね。まず、リフォームのきっかけを、お聞かせください。
ご主人:仕事の都合で一度遠方に引越し、家族で実家に戻ってから、元の家の寒さが応えるようになって…自分が育った家ですし、住んでた時はそんなものだと思っていたんですけどね、一度出てしまうとね。

両親との同居にあたり、間取りの使いづらい点もあったりしました。家の敷地の一部に、将来的に道路が掛かるという話もあって、自分たち(若世帯)だけ別で家を新しく求めるかというのも考えました。
梅田:では初めは、若世帯だけで住まわれるか、ご両親も一緒に住むか、家は新築にするかリフォームか、という検討から始められたわけですね。
奥様:そうですね。住宅展示場もだいぶ見に行きましたね~。住宅メーカーさんのパンフレットも5~6社は取り寄せました。
そのうちに、主人が怪我をしてしまって。いったん家の話は中断したりもしました。

あとは、お友達の家も見に行かせてもらったりしてましたね。中でも、私が一番雰囲気が素敵だなと思っていたのが、ご近所のOさんのお家でした。そして、Oさん家が、タムラさんの家だったんです。子供たちも同級生で、仲良くさせてもらっているんです。
梅田:そうなんですね!Oさんのお家、素敵ですよね~。
ご主人:色々考えて、両親とも何度も話をして。でも、父はやっぱり、自分が建てたこの家を壊すのは、嫌なんですよね。じゃあ、俺たちが別で家を建てるよ、って話になると、それはやめてくれ、と。笑。
梅田:ご両親と一緒に住まわれるのは、お互いに安心感も大きいですしね。
奥様:そうですね、2世帯にリフォームした今は、子どもたちも私が居ない時でも、おじいちゃんとおばあちゃんのところに行って一緒にテレビを見たりしています。

ご主人:ローンを組むのに、年齢的なことも気になっていたので、そろそろ計画を進めないと、と思って、怪我も治ったことですし。笑。動き出しました。
梅田:では、方向性としては、ご両親と一緒に住む感じで、決定ではないけれどなんとなくリフォームかな?でも新築もまだ可能性あるかな?という感じでの動き出しですね。
ご主人:そうですね。休みの日に、妻と二人で、なんとなく、笑。タムラさんへ行ってみました。

奥様:そうしたら、社長さんが話を聞いてくれて。
道路の事とかも、すぐに調べてくれましたね。結局、敷地に掛かるのはほんの少しで、それもまだ少なくとも10年は先の話だそうで。

ご主人:親戚の土地を譲ってもらい、そちらに新しく建てるという案も相談しましたが、田んぼの土地なので、農地転用や造成にも時間とお金が掛かるという事でした。
道路の件も、さほど影響なさそうでしたし、父の心情的にも、費用的にも、自分たちにはこの家をリフォームするというのが、一番いいかなというところに、落ち着きました。
梅田:色んな面を考慮しながら、方向性を決めていく作業、なかなか大変ですよね。リフォームでいこう、となってから、田村建設に依頼下さるまでは、どのような流れでしたか。
奥様:最初の印象が親切だったので、いいなと思いました。そのまま自然な流れでタムラさんにお願いすることになった感じです。
梅田:ありがとうございます。 その後、プランを考えていく過程は如何でしたか?どんなお家をイメージされていらっしゃいましたか。
ご主人:動線をすごく気にして、間取りは結構考えましたね~とても楽しかったです。
梅田:図面上で紙を切ったり貼ったりして、間取りを考えて下さいましたよね。 やっぱり、住まわれていた方が、一番よく分かってらっしゃると思うので、一緒に考えて下さったのは、ありがたかったです!
ご主人:不便を感じていた実感があるので、ここを直したいという要望が、いくつもありましたね。

奥様:私はやっぱりキッチンをそれぞれにしたかったのが、一番かな。
梅田:そうですね。どんなに仲良くお暮らしでも、やっぱり気兼ねは多少ありますよね。
お兄ちゃん:僕は自分の部屋が欲しかったんだ~!

妹ちゃん:わたしも~!

奥様:そうだよね。それから、リビングを広くしたかったのと、大きい窓が欲しかったです。明るいリビングにしたかったので。
あとナチュラルな木の感じにしたかったですね。
梅田:初めは、既存の平屋の建物に、2階に寝室+子供室を作ろうかという案も出たり、子供室だけ2階に、というプランも作ったりしましたけど、結果、 平屋のこちらの案に落ち着いたのは、良かったですよね。
ご主人:そうですね。子供室は4.5帖ですし、主寝室も必要最低限の広さですけど、平屋の家はとても暮らしやすくて、結果このようになって満足しています。リビングの広さも、ちょうど良かったですよ。

このリビングにみんな大体ずっと居て、個室は寝るだけって感じですね。

奥様:リビングの中心にキッチンがあるのも、とても気に入っています。キッチンカウンターの高さを(ちょっと高めの)90㎝にしたので、主人もお皿洗いしてくれるようになりました。リフォームしてから、掃除機もかけてくれるし、ね!笑

子どもたちのスタディスペースも作ったので、そこで宿題をしています。それぞれが違う事をしていても、同じ空間にいるというのが、子どもたちも安心感あるみたいですね。
梅田:収納スペースも、通り抜けできるウォークスルークローゼットや、玄関横の土間収納、屋根裏の空間を利用した小屋裏収納など、お作りしましたが、如何ですか?これらの収納は、見学会をさせて頂いた際にも、来場された方がとても興味をお持ちの部分でしたよ。
ご主人:ウォークスルークローゼットは、位置的にも使い勝手的にも、とてもいいですね。

奥様:まだ主人が寝ている時でも、クローゼットで着替えることができるので、気を遣わなくてすみます。電気を、人感センサーにしたので、とても便利です。洗濯脱衣室も、人感センサー付にしたら良かったかな。

ご主人:土間収納には、コートや雨かっぱなど掛けられるようにしたのがとても便利です。土間収納は本当にいいですよ。皆さんにお勧めです!野球の道具や、生協の箱なんかも、こちらに置いています。メインの玄関と、カーテンか布かなにかで仕切ろうと予定していましたけど、結局仕切っていなくて、そのままでいいかなと思っています。

小屋裏収納には、大きなものなど、たくさんしまえています。まだすこし空きもあるかな。
梅田: 他に、これは良かったというところはありますか?
奥様:洗濯脱衣に付けてもらった、マルチシンク、いいですよ~。お友達の家にあって、お勧めされたんですが、子どもの野球のユニフォームとか、これまでだったら、お風呂に脱いでもらって、お風呂の時間までに洗わないと、とか、あったんですが、今はマルチシンクに入れておいてもらえば、お風呂を使うのに支障がなくて、助かってます。お湯も出るようにしてもらったので、冬も快適でした。スニーカーなどのつけおき洗いにも、とっても便利です。特に男子のいるお宅には、とてもおすすめですよ!!

天窓も、付けてもらって良かったです。リビング・ダイニング・キッチンが広いので、どうしても奥の方が暗くなりがちですが、天窓のお蔭で明るいです。

ご主人:ピクチャーレールや、飾り棚をいくつか付けてもらったのが、子どもの作品を飾るのにとてもいいです。飾る場所がちゃんとあるってのは、いいですね。

あとは、玄関の床に使ったなぐりの床。これは、僕が以前勤めていた職場で、使われていて、いいなぁと思っていたので、採用しました。足触りがとてもいいですね。気に入っています。
梅田:なぐりの床は、見学会でも、皆さん興味津々でしたよ! ご両親の感想は如何でしょうか。
ご主人:この冬暖かかったって、言ってましたよ。エアコンもほとんど付けてなかったんじゃないかな。コタツメインだったようですね。父なんて寝る時も薄掛けで充分って、言ってましたからね~。
梅田: お父さんたちの収納スペースが、あまり取れなかったのが心配でしたが、如何でしょうか。
ご主人:身の回りの持ち物をシンプルにして暮らしてもらえる機会になってよかったかなと思っています。(リフォーム前の)片付けの時は、こんなにモノがどこにあったんだろう、ってくらい、処分しましたからね~クリーンセンターを何往復したか分かりません。笑
梅田:お打ち合わせ期間が約4ヶ月、工事が着工してから完成までは5か月ほどの大がかりな工事でした。工事期間中、仮住まいもお願いしましたが、準備期間及び工事期間中は、如何でしたでしょうか。
ご主人:プランを考えている時間は、とても楽しかったですね。決める事もたくさんあって忙しかったですけど。仕事の合間に時間を作るのは、やっぱり大変ではありますよね。

奥様:色々決めるのは、サンプルを色々と用意してもらったりしたので、決めやすかったですよ。

ご主人:片付けは、さっきも言いましたけど、処分するものも多くて大変でした。家族ですっと暮らしてきた家ですからね。どこにこんなに?!ってくらい、不必要なモノが多くありました。両親も、大変だったと思います。
でも、おかげですっきり暮らせるようになって良かったです。

それから、タムラさんの仮住まい用のアパートを借りられたのが、近くでしたので、普段の生活を変えなくて済んで、助かりました。

工事が始まってからは、現場で大工さんと話すのも、楽しかったですね。和気大工さんは、そこまで年も離れてなくって、色々と話しやすかったです。
細かい事まで、要望を聞いてくれる大工さんで、ありがたかったです。

後は、家に置く予定の家具も、県内・白河や、郡山まで、色々見に行きましたね~実際に見て、どんな家具が自分たちは欲しいかとか、相場とか、だいぶ分かるようになりました。
梅田:H様がお選びになった無垢の家具、お家のテイストに合っていて、とても素敵です。工事の職人や、弊社担当者の対応は如何でしたか。
奥様:タムラさんの職人さんたちは、皆さん若くて、話しやすかったですよ。

ご主人:弟の同級生もいて、母は懐かしかったようですね。

奥様:工事中も、こまめに連絡をくれて、コミュニケーションがとりやすかったです。
タムラさんて、結構昔から会社がある印象なので、年配の方が多いイメージだったんですが、意外と(笑)、若い方が多いですね。スタッフの方同士、仲がよさそうでいいなと思いました。
梅田:ありがとうございます。社長も40代ですしね、意外と!若いですよね。笑。これから大規模リフォームをお考えの方に、アドバイスなどございましたらお願いします。
ご主人:どうせやるなら、思い切ってやるのがいいと思います。もともと住んでいたからこそ、広さの感覚もわかるし、こうしたいという願望も多かったと思います。
自分たちでも、とことん考えたからこそ、満足のいく住まいが出来上がったかなと思います。

お陰様で、間取りも住みやすいですし、こんな暮らしがしたかった、というのが実現できたと思います。
梅田:お打ち合わせ期間及び工事中は、たくさんお世話になりまして、ありがとうございました。とても素敵にインテリアまで選ばれたお家と、H様ご家族の温かい雰囲気がぴったりで、関わらせて頂いた私たちとしても、大変嬉しく思います。今後とも、末永いお付き合いを、どうぞよろしくお願いいたします!
洗濯・脱衣室のマルチシンクです。両側には、若世帯・ご両親世帯のそれぞれの洗濯機が設置されます。左手の棚は、洗濯かごを下に置いて、あとはタオルなども収納予定です。天井には洗濯物を干せる、ホスクリーンも取り付けてあります。
洗濯・脱衣室のマルチシンクです。両側には、若世帯・ご両親世帯のそれぞれの洗濯機が設置されます。左手の棚は、洗濯かごを下に置いて、あとはタオルなども収納予定です。天井には洗濯物を干せる、ホスクリーンも取り付けてあります。
天窓は、キッチンとスタディスペースの間の通路にあります。天窓は、壁面についている普通の窓の3倍の明るさが取れます。
天窓は、キッチンとスタディスペースの間の通路にあります。天窓は、壁面についている普通の窓の3倍の明るさが取れます。
主寝室から、ウォークスルークローゼットを通って、リビングや子供室、トイレに行けるようになっています。クローゼットの収納は、ハンガーパイプを両側に取り付けて、下にはプラスチック収納ケースを置いてお使いいただく予定です。
主寝室から、ウォークスルークローゼットを通って、リビングや子供室、トイレに行けるようになっています。クローゼットの収納は、ハンガーパイプを両側に取り付けて、下にはプラスチック収納ケースを置いてお使いいただく予定です。
玄関の土間収納。下駄箱とは別に、オープンの棚や洋服かけがあるのが、便利だそうです。玄関入って右手がご両親世帯、左手が施主様世帯で、両世帯は奥の廊下でもつながっています。
玄関の土間収納。下駄箱とは別に、オープンの棚や洋服かけがあるのが、便利だそうです。玄関入って右手がご両親世帯、左手が施主様世帯で、両世帯は奥の廊下でもつながっています。
屋根裏収納は、主寝室からハシゴで上がれるようになっています。平屋の屋根の、一番高くなっているところを有効に使えるような位置にお作りしました。
屋根裏収納は、主寝室からハシゴで上がれるようになっています。平屋の屋根の、一番高くなっているところを有効に使えるような位置にお作りしました。
ご主人のこだわり、「なぐりの床」です。パイン材の表面を、スプーンカットという、スプーンで表面を削ったような模様に仕上げてあります。足の裏が気持ちいいです。
ご主人のこだわり、「なぐりの床」です。パイン材の表面を、スプーンカットという、スプーンで表面を削ったような模様に仕上げてあります。足の裏が気持ちいいです。
キッチンの隣にスタディスペースがあるので、お母さんが食事の支度をしながら、子供たちの宿題を見られます。椅子の後ろが壁になっている方が、子供たちの集中力が高まるそうですよ。壁はマグネットがくっつくクロスになっていて、時間割や学校のプリントなど、貼ったり はがしたりがしやすくしました。
キッチンの隣にスタディスペースがあるので、お母さんが食事の支度をしながら、子供たちの宿題を見られます。椅子の後ろが壁になっている方が、子供たちの集中力が高まるそうですよ。壁はマグネットがくっつくクロスになっていて、時間割や学校のプリントなど、貼ったり はがしたりがしやすくしました。

Page Top